Wi-Fiルーターの設置・設定・使い方

インターネットの接続を快適に行いたいと考えてWi-Fiルーターの設置を考えている方の中には、設置方法や使い方が分からない方も多いかと思います。

 

インターネットへの接続は、目に見えるものではありませんので、設定が難しいのではと考える方もいれば、面倒そうだなと考える方もいらっしゃるでしょう。

 

そんな方のために、Wi-Fiルーターの設置や使い方は意外に簡単だということをお話出来ればと思います。

 

Wi-Fiルーターの設置に必要な3点

  1. 親機であるWi-Fiルーター
  2. インターネットなどの通信接続を行うパソコンやスマホなどの子機
  3. インターネット回線

これら3点が必要になります。
インターネットに接続をすることが出来る状態になっていれば、プロバイダーからモデムと呼ばれる通信機器が提供をされているはずです。

 

その通信機器にWi-Fiルーターつないであげれば、Wi-Fiルーターをインターネット回線に接続をすることが出来ます

 

モデムとWi-Fiルーターを接続する際には、LANケーブルを使用することになります。

 

LANケーブルは、Wi-Fiルーターに付属していますので、それを使用するようにしましょう。

 

モデムとWi-Fiルーターがきちんと接続をすることが出来れば、次にWi-Fiルーターと子機を接続させる作業に取りかかります。

 

スポンサーリンク

Wi-Fiルーター設置手順まとめ

  1. 通信機器(モデム)とWi-Fiルーターをつなぐ(ルーター備え付けのLANケーブル使用)
  2. Wi-Fiルーターと子機(スマホ、ノートPC等)を接続させる

Wi-Fiルーターと子機を接続する方法

Wi-Fiルーターと子機を無線で接続しなければいけないのですが、その方法は自動と手動の2パターンに分けられます。

 

Wi-Fiルーターと子機とを自動で接続させる場合ですが、最近では接続設定をボタン1つで行うことが出来る機能が付いているのです。

 

ボタン1つで無線にてインターネット回線に接続をすることが出来るので、インターネット接続の知識がほとんどない方でも難しいことはありません。

 

Wi-Fiルーターと子機とを手動で接続される方法も、難しい作業を要することはありませんので心配は要りません。

 

その手順は、まず最初に接続を行うSSIDを選択し、次に暗号化キーを入力する、これだけの作業なのです。

 

接続に必要なSSIDや暗号化キーは、Wi-Fiルーターの裏面や側面に貼られていることがほとんどですので、それを使えば何の問題もなく接続を行うことが出来ます。

Wi-Fiルーターの価格・選び方・おすすめ

無線ルーターとWi-Fiルーターの違いも判りましたし、その設置方法や使用方法もある程度理解出来たと思います。

 

実際にWi-Fiルーターを設置するにあたり、どのWi-Fiルーターを選べばいいか、そのポイントをここでお話していきます。

 

Wi-Fiルーターにはさまざまな種類があり、それぞれ価格も異なりますが、性能に関しては「通信規格」「最大通信速度」「電波強度」この3つだけなのです。

 

この3つの性能の違いを確認し、設置するWi-Fiルーターを選んであげる必要があります。

 

通信規格に関しては、その差によって通信速度の早さが異なってきます。

 

自分が求めている通信速度の度合いによって、要望に合った通信規格のWi-Fiルーターを選んであげなければならないのです。

 

ただし、Wi-Fiルーターの中には、高速の通信速度に対応をしていないものがありますので、十分に気を付けなければいけません。

 

通信規格に関しては、「より高速な通信規格に対応したもの」「Wi-Fiルーターに接続したい機器が接続可能な通信規格のもの」という点に注意をする必要があります。
最大通信速度に関してですが、表示されている数値の意味合いをきちんと理解しておく必要があります。

 

最大通信速度の数値が表示されているところには、「理論値」というただし書きが添えられていることがほとんどです。

 

この意味合いというのは、「Wi-Fiルーターが理論的に出すことが出来る数値」ということになります。

 

ですので、実際に送受信されるデータ量だけではなく、通信管理を行う際に利用をする通信量というのも含まれているのです。

 

そういったことから、実際に送受信を行う際のデータ量というのは、理論値の半分〜3分の1程度になると言われています。

 

こういった複雑な数値の出し方があるのですが、理論値が速い方が実際に使用するデータ量も高くなることに間違いはありませんので、
最大通信速度は速いものを選ぶほど快適なインターネット環境を作ることが出来ると言えるでしょう。

 

電波強度は、Wi-Fiルーターを選ぶ際の最も重要なポイントと言うことが出来ます。

 

というのも、電波強度が弱ければ安定した通信環境を作ることが出来ないからです。

 

ご家庭で使用をする一般的なWi-Fiルーターは、「ノーマル」「ハイパワー」の2タイプがあります。

 

ハイパワータイプだと、電波が届きにくい2階建て住宅や鉄筋マンションでも快適にインターネットへの接続を行うことが出来ると言われています。

 

ご自宅のタイプや使用する機器の設置場所などに応じて、最適な方を選ぶようにすることをお勧めします。

 

価格に関しては、より性能の度合いが高ければ高いほど価格も高くなるというのは、言うまでもありません。

 

5000円まででお探しの方には、「バッファローWHR-300HP2」やロジテック「LAN-E301NR」がお勧めです。
10000円までのハイパワータイプをお探しの方には、「バッファローWZR-459HP-C」や「NECアクセステクニカAtermWR9500N」がお勧めです。

 

スポンサーリンク