無線ルーターとWi-Fiルーターの違い

Wi-Fiを使ったことがない初心者の方はまだまだ多いのが現状です。

 

新たにガラケーからスマホにした人も多い時代ですので、ここでWi-Fiについて詳しくわかりやすい説明をします。

 

まずWi-Fiルーターについて初心者が最初にわからない「無線ルーターとWi-Fiルーター」について説明していきます。

無線ルーターとWi-Fiルーターの違い

インターネットを使用するのが当たり前になっている昨今、インターネット回線への接続方法を知っておくことは非常に大切なことです。

 

無線ルーターやWi-Fiルーターといった言葉を聞いたことがある方は多いと思いますが、その意味をきちんと理解されている方は、少ないのではないでしょうか。

 

そこで、ここで無線ルーターとWi-Fiルーターの違いについて、お話をしていきたいと思います。

 

無線ルーターは、無線LANと呼ばれることも多く、その文字通りケーブルを仕様せずにインターネット回線に接続をすることが出来るものです。

 

無線LANの説明をする前に、まずはLANというものについて説明をしていきます。

 

LANとはLocal Area Networkの略称で、ご家庭やオフィスなどでパソコンを使用して通信を行う際の、通信回線としてのネットワークになります。

 

LANには有線LANと無線LANがあり、有線LANはパソコンとルーターをケーブルで接続させてLANを構築するものになります。

 

それに対して無線LANは、ケーブルを介さずに電波を使ってLANを構築するものになります。

 

ただ、無線LANは単体で存在をすることはなく、必ず有線LANが親機となっていることも忘れてはいけません。

 

親機である有線LANと子機である無線LANは、セットになって存在をしているのです。

 

ご家庭の場合であれば、デスクトップ型のPCと有線LANを接続させ、移動させることが出来るノートPCを無線LANで接続する、といった使い方をされている方が多いでしょう。

 

スポンサーリンク

無線ルーターとWi-Fiルーターの歴史

無線LANの仕組みが分かったところで、Wi-Fiルーターとの違いについて考えていきたいと思います。

 

無線LANとWi-Fiルーターが同じ意味だと思われている方は非常に多いのですが、厳密に言いますと意味が異なってくるのです。

 

無線LANというものは、1990年代前半に市場に出回るようになったのですが、当時は異なるメーカーの機器では接続が上手く出来ないという問題があったのです。

 

そのため、相性の良いメーカーを考える必要があり、消費者にとっては非常に使い勝手が悪く、インターネットがケーブルを介さずに接続出来るという画期的なものでも、
世の中になかなか無線LANは普及をしなかったのです。

 

この無線LANを世に広めるために、Wi-Fi Allianceという団体が、無線LANの標準規格に接続を出来る製品開発を行い、その規格に適応をしたと判断した製品に対して、Wi-Fiというブランド名を付けることを許可したのです。

 

これが、Wi-Fiルーターの原型ということになります。

 

Wi-Fi Allianceが行ったテストにより、Wi-Fi対応の製品を選びさえすれば、接続が出来ないという心配をすることなく安心をして無線LANを使用することが出来るようになりました。

 

現在では、市販されている無線LANの機器のほとんどがWi-Fi認証を受けていることから、無線ルーターとWi-Fiルーターが同じものだと思う人が多くなっているのです。

 

インターネットの接続の歴史をよく熟知していれば、無線ルーターとWi-Fiルーターがどのように違うのかは、おのずと分かることなのです。

 

スポンサーリンク